太陽光発電のデメリットは沖縄で解決

これまであまり注目されてこなかった太陽光発電のデメリット回避策として、20年後、固定価格買い取り期間終了後の清算時に、土地が高い価格で売却できる可能性を紹介してきましたが、少子高齢化と人口減で、そういった土地が数多くあるというわけではありません。
参考:太陽光発電の問題点
そうした中にあって、沖縄は非常に強い魅力を放つ土地であると考えています。沖縄は亜熱帯地方に属します。年間の平均気温は23.1ど。

1月ですら、17.0度という平均気温です。だからといって、夏が極端に暑いわけではなく、8月の平均気温は大阪のほうが高いくらいです。

また、日中の最高気温も特に高いわけではなく、過ごしやすい気候といってもいいかもしれません。

風は強く、特に夏と冬の季節風は強いものとなっています。この風を利用して、風力発電施設も建設されてきました。もっとも、普通の強い風であれば問題ないのですが、台風が上陸することが多く、とりわけ近年は台風が大型化しており、風速が大きくなる傾向にあります。そのため、以前はせっかく建設した風力発電設備が倒れたり、根本からおられたりするこもありました。

沖縄がどこにあるのかということについて、おそらく、ほとんどの人は、地図上で探すことができるでしょう。県によっては、多くの日本人がすぐに場所がわからない、というところもあります。東日本の人にとっての西日本の県、あるいは西日本にとっての東日本の県はわかりにくいかもしれません。その点、沖縄は、日本の南西に位置する島々で構成されていて、ほとんどの人はすぐに沖縄本島の位置を地図上で指し示すことができると思います。

もっとも、土地は日本の国土の1%にも満たないのですが、範囲としてはとても広くなっています。東西に1000伽、南北に400畑という広い海域を含んでいるからです。同じように広い海域を含む都道府県には、東京都があります。意外に思うかもしれませんが、東京都には伊豆諸島をはじめ、小笠原諸島などの島々があります。そして、地図を見ると、その小笠原諸島と沖縄県の東の端になる北大東島、南大東島が意外に近いこともわかります。

一方、南西の端になるのが、八重山諸島の石垣島、西表島、そして与那国島です。ここまでくると、台湾もすぐ近くです。

北は沖縄本島周辺。すぐ北に、鹿児島県の与論島があります。

沖縄の島々の歴史は、日本の歴史とは異なった歩みをしています。

琉球王朝が成立したのが、妬世紀初頭。中国からも影響を受けた、交易国家として存在感を示していました。その範囲は、今の沖縄県の範囲だけではなく、今では鹿児島県の一部となっている奄美諸島にまで及んでいました。

王朝の拠点となったのが、首里城です。王朝は、日本にも中国にも属さない、独立した国家として、歴史を重ねていったのです。

とはいえ、民族としては、日本ともつながっています。というよりも、そもそも日本民族が、北海道など北から来た民族、朝鮮半島を渡ってきた民族、そして琉球の島々を渡ってきた民族のそれぞれが入り交じっているといわれています。江戸時代になると、薩摩(鹿児島県の西半分)の島津藩が琉球に侵入し、与論島から北を薩摩に割譲、さらにさまざまな義務を強制するなど、薩摩の監視下にありました。

明治維新の後、廃藩置県に伴って、琉球の帰属問題が起きます。琉球は武力で日本に併合され、四世紀の終わりごろに、琉球王朝の歴史が閉じられました。その後、太平洋戦争では激戦地となり、敗戦後、1972年5月に日本に復帰するまでは米国の占領下となっていました。

リビングリフォームの費用別事例やポイントを紹介!快適空間を作ろう

リビングのリフォームの費用って、なかなか検討がつかないことが多いと思います。ここでは、そんな費用別の事例やポイントを紹介します。快適な空間を作るために必要なことなどをまとめています。また、おススメのリフォーム会社なども紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

戸建住宅のリビングや居間リフォームの費用と相場

戸建住宅のリビングや居間のリフォームの費用や相場って、どのぐらいでどれだけのリフォームができるのか気になるかと思います。今回は、そんな相場によってのリフォーム事例を紹介しています。

50万~100万円の範囲での事例

戸建住宅をリフォームする場合に50万円~100万円での予算での範囲の事例としては、和室とリビングを一体化にしたりすることができます。LDKの一体化は最近ではよくあるリフォーム事例で、床に無垢材を使用したり、入り口を引き戸にしたり、天井の断熱材の入れ替えや収納スペースを広くしたりなど明るく開放的な感じのリフォームをすることができます。

100万~150万円の範囲での事例

100万~150万円の範囲でのリフォーム事例になると、先ほどのようなお部屋の一体化はもちろん選択することは可能でもありますが、それ以外にも床暖房といった選択もできるようになります。やはりお部屋の温熱環境を作ることはすごく大事になってくると思います。リフォームをしてもそれ以降の住環境が快適でないと意味がありません。そのため、安全で快適な空間を考える必要があります。

150万~200万円の範囲での事例

150万円~200万円での範囲での事例になると、今度はキュビオスといったリビング収納などのリフォームも可能になってきます。温かみのある落ち着いた空間にすることができます。家族の集まるお部屋は、広々とした明るい空間であるほうが楽しい住環境になると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

200万~300万円の範囲での事例

200万から300万の範囲になってくると、ある程度のわがままなリフォーム提案も可能になってくると思います。お部屋を一体化したり、天井を高くしたり、他にもお友達を呼びたくなるようなキッチンにしてみたりと、さまざまなお部屋に変化させられると思います。

300万円以上の事例

300万円以上になってくると、開放的な間取りにすることもできますし、こだわったリフォームをすることができます。やはり、家族の一家団らんは大事ですので、家族の集う快適なリビングのリフォームなどもおススメです。

戸建住宅のリビングや居間リフォームのポイント

次に戸建住宅のリビングや居間のリフォームのポイントについて紹介します。どのようにすれば快適な生活のできるリフォームをすることができるのか、ポイントをまとめています。

間仕切りを撤去し、リビングを広くする。

戸建て住宅の場合は、最近では間仕切りを撤去してリビングを広くするリフォームが多いようです。ポイントとしてはやはり広々と開放的なリビングが明るく家族が集まる素敵なリビングに憧れます。特に部分的なリフォームでも最近は簡単に施工することができるようですので、おススメです。

ゆっくりとくつろげるリビングを作る。

仕事から帰ったり1日の家事などを癒すには、ゆっくりとくつろげるリビングをつくることもリフォームのポイントでもあると思います。家の顔でもあるリビングを作るのは重要です。そのため、お部屋の色合いなども考えて落ち着いた空間を作ることもおススメです。

おすすめのリフォーム会社を紹介

リフォームをするのにどこにお願いすればいいのか決めかねている方に、おすすめのリフォーム会社をいつくか紹介したいと思います。大手企業ばかりを今回はまとめてみました。

住友不動産グループ

住友不動産グループは、累計受注棟数が10万棟の会社です。中でも人気なのはリフォームなんですが、新築なみになるという「新築そっくりさん」が有名です。耐震や全面改装も含め間取りの変更も可能ということで人気です。

大和ハウスグループ

テレビCMでもおなじみの大和ハウスグループによるリフォームもおすすめです。住まいのライフスタイルに沿って相談に乗ってくれます。住まいをそのときのいちばんいい形に変えていくという「ハートワンリフォーム」という考えのものとでのリフォームになります。

積水ハウスグループ

積水ハウスグループのリノベーションに、「いつもいまが快適」をコンセプトにしています。最近の人気は、「SLOW&SMART」という「ゆっくり生きてゆく、住まいの先進技術」を売りに展開しており、業界新聞のリフォーム産業新聞による調査で売り上げランキング1位の企業になっています。

コツ・ポイント

今回、リフォームの予算に合わせた事例やリフォームをするべき場所のコツを紹介しました。また、今後の生活空間を快適に過ごすためのリフォームのポイントについても事例を出しています。安心で快適に過ごすためにも、最高のリフォームを考えてみてください。そのためにさまざまリフォーム会社がありますので、相談に乗ってもらうとよいでしょう。